タロットカードは絵柄に個性があって色使いの美しいものが多いので、趣味としてコレクションをするのにも最適です。
数あるタロットカードの中でも特にコレクターの間で評判がいいのが「007タロット」です。

この007タロットは1973年に封切られた007シリーズ映画「死ぬのは奴等だ」の中で女性占い師が使用するために特別にデザインされたもので、その後「魔女のTAROT(Tarot of the Witches)」として市販されるようになりました。
グリーン、紫、ブルー、赤などといった色がセンスよく施されているこの魔女のタロットは、ただ眺めているだけでもインスピレーションを触発してくれそうな感じです。

「力」のカードは他のタロットカードとはかなり解釈が違い、一見野蛮とも見える男性が本を引き裂いている図柄が印象的です。

アマゾンなどでも手軽に購入できますので(1,200円程度)、ぜひコレクションに加えてほしいと思います。