以前、仕事の関係で東京に住まなくてはならなくなり、一戸建ての住宅を探しました。
事務所も兼ねてですので、普通のサラリーマンの住宅探しとは少し違いますが、案の定難航しました。
資金がギリギリなので、どうしてもその予算内で済まさねばならず、そうすると狭い3階建ての新築という感じでした。
東京なので土地が高く、普通一件の家を建てる広さなのに、それを2つに区切って2軒立てるのですが、やはり無理をして建てているので、3階建てにしざるをえず、1階は駐車場という構造でした。
またその家までの道路が狭く、乗用車でもその駐車場に駐車するのは至難の業のような気がしました。
そんな建築の3階建ての住宅が多かったですね。

郊外はさすがにそういうことはありませんでしたが、やはり地方とは違い、価格はとても高いものが多かったと思います。
そうなると中古住宅を狙いますが、それも新築と同じぐらいの値段で、そもそも土地が高価なので、それほど安くはならないということのようでした。

しかしいろいろ見てみると3階建の住宅は、利用価値も高くて、都会には向いているのではないかと思います。
特に事務所を兼ねての物件探しならば3階建てを探すのが良いと思いました。